2011/12/30

ワークショップ後記!〜和歌山編〜

先月末、11月27~30日の4日間
和歌山県の和歌山市に行ってきました。

市内の小学校で行われるダンスワークショップのプロジェクトチームに参加するためで
チームの楽器演奏・音楽担当として頑張ってきました。

会場の和歌山県立紀伊小学校(写真撮り忘れました)。

今回のワークショップは国が進めている「アーティストと子どもたちの交流プログラム」事業の一環として行われている企画で
「子どもたちによるオリジナルダンス」をテーマに
授業時間を使い3日間かけて行うというかなり大規模な企画でした。


ワークショップ1日目。
体育館で準備をしているとチャイムが鳴って子どもたちが入ってきました。

























今回一緒に体験するのは紀伊小学校の6年生。
チームリーダーはお馴染みの砂連尾さん。
簡単な自己紹介の後まずは簡単なストレッチから始めたんですが・・・





 

























何やらモゴモゴ・・・。
なかなか乗ってきてくれません。
僕のパーカッションに合わせて身体を動かす場面では
その場で棒立ちになってしまう子も。

何となく停滞する空気。

砂連尾さんが必死に呼びかけるも
なかなか恥ずかしさを越えられない子どもたち。

何とか進めて一日目は終えたものの
予想以上の反応から課題が多く残った1日でした。
まずはこの雰囲気をなんとかしなければ。



























2日目。昨日の反省から少し予定を変更。
まずはみんなで話し合うところから始めることに。


「何でこんな授業があると思う?」
砂連尾さんが子どもたちに語りかけていきます。

 ワークショップにおいて場の雰囲気は大事な要素のひとつです。
言葉に出すことでみんなの気持ちをまとめていきます。


































そしてワークショップ再開。4つのグループに分かれて作業開始。
いよいよ本格的にダンスを作っていきます。
















何となく雰囲気が変わってきたみんな。
砂連尾さんの言葉が届いたのか、やることが固まってきて目的意識がでてきたのか
率先してグループをまとめ始める子もちらほら・・・。

ダンスも想像以上にまとまってきています。

良い雰囲気の中2日目終了!残すはあと1日。








その夜。
和歌山市民会館にて行われていたダンスアーティスト・新井英夫さんの
ワークショップに参加させてもらいました。
















自らを『体奏家(たいそうか)』と称する新井さん。
「脱力」をテーマに取り入れた体操法「野口体操」をベースした活動を各地で行っているアーティストさんです。

シンプルな動きの中に深い思想が流れているような、普段の何気ない身体の動きを改めて見直させられる感じがありました。新井さん自身もとてもユニークな方で面白かったです。貴重な体験でした。










3日目。いよいよ最終日。
この日は朝から2クラス合同で練習開始。
















最後のダンスに向けてグループごとに発表に向けた最終調整をしました。
完成したダンスに音を合わせていきました。

























直後に殺到する子どもたち。囲まれました。

「こうバッときたらガってなんねん!」
「音量3って感じで」
「パリの通り沿いにあるカフェのような・・・。」

本人たちはこっちも振付を分かっているつもりで伝えてくるので
流れを確認するだけも大変。
演出に凝り過ぎてリハーサルで失敗するグループ続出!

走りまくる気持ちを出来るだけ汲み取りつつ、ジャストの音を探る作業が続く。
凝り過ぎた演出は削ったり伸ばしたりして、本番ギリギリまで微調整。
ジャムセッションみたいで面白かった。


思考錯誤の末、何とか全グループ分まとめ上げ、間髪いれずに本番へ!































































































パフォーマンスは無事成功!どのチームも自分たちのダンスを踊りきりました。
見に来てくれた1年生が尊敬の眼差しで見つめる中得意げなみんな。
お疲れ様!


本番前のぶつかりセッション。
みんなの目が本気でした。初日は踊らされていた子どもたちが、逆にこっちを動かそうとガシガシ来てくれたというとこで、個人的に象徴的な場面でした。





終了後、同じくワークショップを終えてきた新井さんたちと再び合流しました。
写真は和歌山の東南アジア・じゃんじゃん横町にて。




















濃い4日間でした。
実際に事業の現場を目にできた事も大きく、勉強させてもらいました。
こういった活動が地域に根付いていく様な、良い循環が生まれる事を願って。

みなさま、本当にお疲れ様でした!

2011/11/24

お知らせと報告

ぶつぐですよ。
講演会のお知らせです。

『LOUDER THAN BONB` YOUNGER THAN YESTERDAY』
日時 2011年11月26日(土)17:00~
会場 京都精華大学情報館メディアセンター

詳しくはこちら→京都精華大学情報館HP

9月にパフォーマンスで参加したVOICE GALLERY pfs/wの展示についての講演会。
入場無料なので気になった方は是非。


それと、夏頃に色々お手伝いしてたのが縁で
今月末に開催されるJCDN(ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク)
主催の子ども向けダンスワークショップに参加してきます。

音楽担当(当日の楽器演奏・パーカッション、ドラム)で参加。
週末から和歌山に行ってきます。4日間。頑張らんと。

何だかいろいろ繋がっていってます。
今月はもう一踏ん張り・・・!

最近買った文藝別冊「諸星大二郎」がすごく良かったです。
隙あらばコタツを出したい。

2011/11/16

怪物博後記~第11回高槻アート博覧会~

ぶつぐですよ。

先週の11月12日土曜日
大阪府高槻市で『第11回高槻アート博覧会』が開催されました。
天気は快晴。なんという怪物日和!

















会場の周辺はこんな感じ。商店街のど真ん中。
なるべく人の往来が多い場所を選びました。


















こんな感じで待つ。
通行人の視線がまあまあ突き刺さります。

いつもはこの状態でしばらく待つんですが、この日はすぐ1人目が捕まりました!
さすが大阪!

















毎度おなじみ振付師・ダンサーの砂連尾理(じゃれお おさむ)さんにも
ファシリテーター(ワークショップのサポート役)として参加してもらいました。

僕と参加者の間に入ってことばの合いの手を入れてくれます。

















なかなかのハイペースでお客さんが続く。

実際に始まってみると、道行く人もみんな興味ありげに覗いていきます。
絵を描いていると子供たちが周りに集まってきました。
さすが大阪!

















今回は全体的に子供率が高かったです。

不安の中身も「給食のみかんが嫌い」とか「ゲームがやりたい」とかそんな感じ
(本人たちにとっては深刻な問題)で、怪物たちにも良く反映されていると思います。
あまりやってこなかった年齢帯だったので、新鮮な体験でした。

















11:00〜17:00で開催。
殆ど途切れる事もなく、4歳から40代までの方々に参加してもらいました。

そして生まれた怪物はこんな感じ。





















小学生・男の子『家でゲームばっかりやってる』























小学生・女の子『外でたくさん遊びたい』
























大学生・女性『いろいろ追い込まれています』
























20代女性『あと一歩が踏み出せない!』


などなど。全部で13体の怪物が誕生しました!
1日に描いた数では一番多かった。
時間内に出来なかった方すいません・・・またやります!

参加者の方々、どうもありがとうございましたー!


打ち合わせが始まったのが今年の夏くらい。長い間みなさんお疲れさまでした。
企画開催まで協力してくれた沢山の方々・参加者の皆さんに
改めてお礼申し上げます。


その他当日のイベントの様子などはこちらの記事で紹介されています。
『ナイス街センター街・高槻センター街なうブログ』

キャッチコピーがすごい。気になった方はどうぞ!





















ふー何とか一段落。

山越えたー!
そして今月末はJCDNのダンスワークショップがスタート!
楽器演奏やら何やらの音楽担当として和歌山に行ってきます。

もうひとふんばり!
やったれー!

2011/11/12

おしまい晩秋

『やるせない怪物博2011~晩秋~』無事終了しました。
本日総勢13体の怪物が誕生しました。
1日のペースとしては最多です。
わー!
高槻アート博覧会のみなさん。告知・広報等に協力してくれた方々。
本当にありがとうございました!
詳しいあれは近いうちに記事にまとめますね。
今日は感謝に変えて。
お疲れ様でした!
ラーメン食べよーっと。

2011/11/07

やるせない怪物博2011-晩秋-

ぶつぐです。

京都にしては珍しくやっと寒くなってきました。
てかもう11月なのかよ!あー犬なでたい。


それはさておき
大阪・高槻市では1日から第11回高槻アート博覧会が開催中です。
やるせない怪物博はいよいよ今週末!!


『やるせない怪物博2011-晩秋ー』

日時 11月12日(土)11:00~17:00※
会場 第11回高槻アート博覧会 高槻センター街商店街 中央エリア

参加費300円

「あなたの不安描きます。」不安×おしゃべり×らくがきの対話型ワークショップ
今宵、お前の怪物が目を覚ます!


※終了時間を1時間延長しました。フライヤーと違いますがゆっくりお越しください。
その他当日はウィンドウアート・ライブペイント等たくさんのイベントが開催されています。
詳しくはこちら→『街がまるごとミュージアム!高槻アート博覧会HP』

フライヤーは京都市内のお店・ギャラリー・高槻市各所・ぶつぐ手配りなどで配布中です。
配布情報はTwitterとかで更新中。
見かけたらぜひ手にとってみてくださーい!














なかなか晩秋らしい季節になって来ましたね。
早く扇風機しまわんと・・・。

それではお待ちしています。
老若男女!混まない程度にきたれー!

2011/10/21

ガソリンの揺れ方。怪物のやりかた。

ぶつぐですよ。

最近はストーン・ローゼズ再結成の知らせでひとり盛り上がっております!
ライブは上手くなっているのか・・・。そこが心配。


それはさておき、今回は僕が行っているもう1つの活動
『やるせない怪物博2011』の紹介です。


ざっくり解説すると人の不安を聞き出してそこから怪物を描くというワークショップで
やり方はこんな感じ。


















とあるきっかけで1年前くらいから始めました。
知り合い・友人から始めて昨年末には四条烏丸のこんなところでも開催。

kara-Sスタッフブログ『-年の瀬に、あなたの不安とコンニチハ-やるせない怪物博2010-2011』

kara-Sのみなさん、ご協力ありがとうございました。
こんな雰囲気でのんびりとやっています。

今年に入ってからも京都芸術センターやこしかけ工房などでぽつぽつやらせてもらい
来る来月、大阪府高槻市で行われる芸術祭『第11回 高槻アート博覧会』での開催が決定しました!


『やるせない怪物博2011~晩秋~』※
日時:11月12日(土)11:00~16:00
会場:第11回高槻アート博覧会 高槻センター街 中央エリア

※材料費が300円程度掛かります

詳しくはこちら
第11回高槻アート博覧会HP


今回は初の大きなイベント参加ということもあって

SHAKE ART!WEBにて広告を出して頂いたり
フライヤー大量増刷で関西各所に配布中でございます。

見かけたら「これが・・・噂の・・・色渋!お線香の箱?」とか思いながら手に取ってみてくださいね。


現在生まれた怪物は80体とちょっと。
年内に100体描いて何か形にしたいなー・・・と考えてたりします。
図鑑とか。

開催まであと1ヶ月・・・もないか!
22日!
大阪ではどんな怪物が生まれるのか・・・。


ローゼズよりいいライブしたい。


お待ちしてまーす!

2011/10/17

おしまいライブ

ぶつぐです。
京都市北区『物々交換喫茶こしかけ工房』ついに閉店。
その最終日、総勢15組によるお祭りライブ!














風の又サニー
















柏井銀路

























D.Dコーヒー颯爽と登場。







































岡沢じゅん















こしかけの最後を見届けようと集まったひとたち。
それに応えるようにして熱のこもったパフォーマンスが続いていきます。

会場全体が柔らかな雰囲気に包まれていました。
















スーツで登場尾上一樹。パントマイムを披露。


























!?


















ののみとテツヲ















ののみ
























落語・桂二葉『道具屋』


うたやらパントマイムやらダンスやらなんやらで
9時間(!)に及んだ大イベント。楽しかった。

初めて伺ったのが今年の5月。何だか不思議な縁でした。
店主のありさん、長い間お疲れさまでした。


寺山修二『半分愛して』がループしています。
またどこかで会いましょう。


さらばこしかけ工房!














ぶつぐセットリスト(弾き語り)
M0.イントロ
M1.かなしいうた
M2.リリアンベイビー(TV.not.january)
M3.東京ブロンクス(いとうせいこう&TINNIE PUNX)
M4.かりぱくのともだち




2011/10/13

ライブ後記 -ゆいまーる文化祭-

こんばんはぶつぐです。

ゆいまーるライブ無事終了!
来てくれた方々ありがとうございました。
いろいろすごかったです。


会場に着くとおもちゃフリーマケットを終えて
スーパーハイテンションの子供たちがたくさん。
それを見守るお母さん方も大勢。

普段とは違うお客さん層の前でライブは始まりました。















1番手はAUX
普段はバンド編成で活動しているお2人。今回はアコースティックで登場。

アコギ+アサラトのシンプルな構成ながら、ファンキーでなんか懐かしい曲たち。
Bad Stuff時代の名曲『僕らは電気の原始人』も演奏してくれました。


僕は完成した新曲や
最近聴いているTINNIE PUNXをカバーしたり
あししくんのリリアンベイビーを勝手にやったり

途中で乱入してきた謎のパーカッション男(推定3歳)との即興セッションもあって
終始和やかな雰囲気でやらせてもらいました。
楽しかったー!


持ち時間30分をジャンベソロ(!)で叩ききったターケンさん。
3分間の即興劇で会場を沸かせていた俺と松本。
エネルギッシュな歌声でトリを飾ったCOSMIX。
泣き叫ぶ子供たち・・・

と、何だか衝突事故のような(褒め言葉!)メンバーで駆け抜けた3時間。


誘ってくださった延海さん、共演者のみなさま
ありがとうございました!



この衝突を糧に今週末はこしかけライブ!
やったれー!

つづく。

2011/10/04

無題

こんばんはぶつぐです。

急に寒くなったと思ったらポカポカ陽気になったりと
安定しませんね。あー犬なでたい。






先日お知らせしたこしかけライブとゆいまーる文化祭のフライヤーが
左京区北白川の書店ガケ書房に置いてあったのでもらってきました。


こしかけライブの方はお手製の版画刷り。渋い。

フライヤーそのままの暖かい雰囲気のお店だったので、閉店は本当に残念です。
最終日がんばろう。




新しい曲ができそうなのでできたらいいな。
来週はいそがしい。

つづく。

2011/10/02

巨大な秋

BTGことぶつぐです。
もう10月!
京都は先週あたりから急に寒くなってきました。
紅葉が映える季節が近づいてきましたね。
あー犬なでたい。
今月のライブ情報解禁!
弾き語りです。
10月10日(月・祝) 16:00~19:00
『ゆいまーる文化祭(2日目)ステージライブ』
会場 京都市左京区岩倉 岩座神社奉賛会集会場
(京都市鉄 叡山電鉄「岩倉駅」から徒歩7分)
入場無料
【出演】AUX/ターケン/COSMIX/ ぶつぐ/
俺と松本(演劇)/パタちゃん(ダンス) 同不順
個人通貨「ゆいまーる」からお金の価値を考える文化祭。
座談会の他、フリマ、大食堂(ごはん持ち寄り制)
恋人探しなど盛りだくさんの文化祭!
2日目のステージイベントに出演。

10月16日(日) 15:00~
『こしかけ工房・今日でおしまいLIVE!』
会場 京都市北区堀川 物々交換喫茶こしかけ工房
入場料1000円(ドリンク・フード有)
【出演】平井正也/庭/賢いユリシーズ/島崎智子/プールグループ/
D.D.コーヒー(ダンス)/尾上一樹(マイム)/ぶつぐ/風の又サニー/柏井銀路/
松野泉/アルプス/ミシシッピと彼女のキョンシーズ/
クモノスのカモメ 同不順
6月の怪物博などでお世話になったこしかけ工房。
この日をもって閉店です。
歌とギター、落語とダンスとパントマイム。
2日間に渡る最後のお祭りライブ!!!
前日の15日もライブ有り。
両日来店の方は300円オフ。
出演者はこちら。
10月15日(土)18:00~
『こしかけ工房・明日でおしまいLIVE!』
入場料800円
【出演】3月33日/鯉鮎亭ブルマ(落語)/尾島隆英/外れ者/
松井文とスダレイナ/ののみ/かわいあり 同不順

どの日も濃い。
出演者のみなさま、よろしくお願いします。
何やかんやでBTGLab更新も4回目。
意外とエネルギー使うなー・・・!
そろそろ内装もいじっていこう。



それではお待ちしてます!
ごはんたべよー。
つづく。

2011/10/01

回想録その2

Nuclear Dance
















9月9日。京都市南区VOICE GALLERYにて行われた
即興パフォーマンスに参加してきました。























京都市南区東九条にある『MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w』
京都発信の現代美術、博覧会企画などの展示を行っています。


この時行われていたのは
「LOUDER THAN BOMB/YOUNGER THAN YESTREDAY-夾竹桃の村-」
複数のアーティストの作品で村を作り、3.11震災以降の世界を考えていこうという企画展。



展示に関連した1時間くらいのパフォーマンスを行いました。

















ギャラリー内。アーティストの方々による作品が並ぶ。



















パフォーマンスを行う「The pursuit of new possibility(新しい可能性の追求)」のみなさん。
ダンサーの砂連尾理さんと垣尾優さん、表現集団・Hyslomによる複合ユニットです。

そこに飛び入りの僕、出村さん、飯板さん、谷川さんという編成。



今回はヒスロムチームと砂連尾&垣尾チームの2チームに分かれ、
2つの演目を同じ場所で同時に行うことになりました。

僕は出村さんとに砂垣チームに参加。



即興パフォーマンスなので、当然シナリオはありません。
その場で流れがバシバシ決まっていきます。


どんな注文がきてもいいように楽器は多めに準備。
いろいろ試しながら流れを組み立てていきます。



楽器は試行錯誤の末、アコギとパーカッションが選ばれました。






砂垣チームのコンセプトは「放射能とダンス」
















おもむろにガスマスク登場

























被りだす砂連尾さん。

「こんな感じでやります。」


声がこもりにこもっていました。


















スペイン人の音楽家・ダビス(写真左)も合流。
彼がギターを弾くことになったので、僕はパーカッションに就任。
リズムはPaul Simonの「 Late in the Evening」。




18時に開演してパフォーマンスは無事終了。
本番が一番よくやれたのではないでしょうか。
うまく言えないけど何か動きがよかった。(語彙力とぼしっ)





突然に起きた天災、津波、原発事故。それぞれに3.11を考え、震災後の世界と向き合おうとするアーティストたちの姿は、とても誠実で、刺激的なものでした。
良い刺激をもらえたと思う。
























終演後、ガスマスクかぶる。

















お客さんも被る。こわい。











回想録終わり!

つづく。